お酒、たばこによる薄毛

女性の薄毛の原因と予防について考えてみましょう。女性の場合には、男性のような薄毛の進行とは少し違うパターンの場合が多いと考えられています。抜け毛などが、全体から抜け落ちていくため、男性のように前頭部、そして頭頂部などから薄毛が進行してくるのとは少し異なるイメージがあるでしょう。
また、女性の場合には、髪の毛をゴムなどで束ねたり、また、ファッションにこだわるかたは、髪の毛にパーマをかけたり、ヘアカラーをすることもあります。そのような場合には、頭皮などにも負担がかかり、また髪の毛などにもダメージとなる場合があり、これも薄毛になる原因の一つです。
食生活、生活習慣、ストレス、このようなものに関しても薄毛の原因になることもあるため、改善していける点がある場合には、できるだけ改善するように、心がけていきましょう。

また、お酒、たばこに関しても薄毛の原因になることがあります。お酒などは飲みすぎてしまうと、肝臓などにもかなりの負担をかけ、身体にとって悪影響を及ぼすことがあります。少量ならば、身体に対してそれほど大きな影響はでないといわれてはいますが、それでも毎日のようにお酒を飲んだり、また多量のアルコール摂取などは控えるほうがいいでしょう。
お酒がどのように薄毛に影響するかというと、アルコールを肝臓で分解する際に、髪の毛に必要な栄養などを使ってしまうためといわれています。髪の毛の成長など、必要な栄養などが不足してしまうと、抜け毛増加などの原因になることがあります。
また、たばこに関しても血管を収縮させる作用などがあり、血液の流れが悪化してしまうと、頭皮などに血液が栄養をしっかりと届けることができず、その影響などがでてしまうため、抜け毛増加に繋がる場合があります。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ