薄毛と紫外線の関連性

薄毛の疑問として原因が何かという事は、多くの薄毛に悩む方が気にされているのではないでしょうか。薄毛の原因としてあまり認識されていないかもしれませんが、紫外線も頭皮や毛髪に悪影響を及ぼすとされています。
紫外線は浴びる事によってビタミンDの摂取を助け、骨や組織を作るのに一役かっております。ところが、浴びすぎてしまうと皮膚や目にダメージを与えてしまう事もあり得るのです。頭皮や毛髪も例外ではありません。

紫外線は浴びる事によって毛母細胞に影響を与える可能性があります。紫外線には細胞DNAを傷つけてしまう作用を持つ為です。髪の毛を作り、成長させる毛母細胞も他の細胞と同様に紫外線の影響を受けてしまい、細胞分裂が正常に行われなくなる、あるいは髪を正常どおりに生み出す働きが弱くなるといった事が生じるのです。これらの現象は一度起こるとなかなか元に戻りにくいので厄介です。他にも紫外線は頭皮に悪影響を与える事も考えられます。紫外線によって頭皮が日焼けしてダメージを受けた場合、体の機能はその修復に対して更にエネルギーや栄養を費やす事になるのです。その為、髪の毛に与えられる分が減少してしまうのです。また、毛髪自体が紫外線ダメージを受けて、髪をコーティングしているキューティクルが乾燥してしまった場合、毛髪は弱くなり、細くなる等薄毛を進行させてしまう要因になります。

対策としては、帽子による頭皮と毛髪の保護が簡単ながらも効果的です。日傘を愛用されている方は、それを差して外出しても良いでしょう。ただし帽子を利用する場合、注意が必要です。通気性の弱い素材の場合、長時間被る事で頭皮が蒸れやすくなる可能性を孕んでおり、フケの原因になります。あるいは、それらを栄養にする細菌が繁殖し、頭皮にダメージを与えてしまう事も起こり得ます。その為、麦わら帽子等の蒸れにくい素材を選ぶと良いでしょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ