睡眠による薄毛対策

睡眠不足は薄毛を増進するおそれがあります。睡眠は、髪や頭皮が日中人が活動している間に受ける様々なダメージを修復する役目を担っております。例えば、頭皮や毛髪は太陽が放つ紫外線によって少なからずダメージを受けておりますし、指で頭皮を掻いたり髪を掻き揚げた際に、爪がそれらを傷つけている可能性があります。従って、睡眠不足の日が継続した場合、髪の毛や頭皮が受けたダメージはなかなか回復されずに、薄毛という形で残ってしまう事もあり得るのです。
 
睡眠不足が引き金となって薄毛を引き起こす要因となるものは、大別して2つです。1つは睡眠が減った事によって起こる頭皮へのエネルギー供給不足、そしてもうひとつは睡眠不足によって感じるストレスです。1つめについてですが、眠りに割く時間が減ると、頭皮にかけるエネルギーも不足して、頭皮や毛髪の修復力が弱まってしまうからです。体内から供給される頭皮や髪へのエネルギーは臓器や代謝等に比べると優先順位が低い為、それらに悪影響が出やすいのです。また、2つめに挙げたストレスは、自律神経に悪影響を及ぼしイライラしやすくさせます。そのように精神的に影響が出た結果、薄毛になってしまう事もあるのです。
 
睡眠不足で薄毛にならない為の対策としては、以下が挙げられます。まず、1日最低6時間以上眠る事です。特に22時から2時はゴールデンタイムとも呼ばれますが、頭皮や毛髪のダメージ修復が一番高い時間帯とされていますので、この間に眠りを充てられるようにしましょう。また、仕事や課題等でどうしても十分な睡眠が取れない場合でもストレスを溜めないように、湯船にゆっくり浸かったり、ご友人やご家族と積極的に交流したりして意識的に精神状態を良好に保つように工夫する事も大切です。以上効果的な方法をご紹介して参りましたが、心当たりのある方は、ご自身の状況を振り返って薄毛対策に繋げてみてはいかがでしょうか。


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ